ヘルプセンター ログイン

エキスパートメールでは迷惑メールの配信を認めておりません|エキスパ

エキスパートメールでは迷惑メールの配信を認めておりません

エキスパートメールでは、利用規約にて
迷惑メール(スパムメール)の送信を認めておりません。

 

当社は、消費者庁の指導のもと、
「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」に
違反した配信者に対して厳しく対処してまいります。

 

迷惑メールを受け取られた場合は、下記フォームにて
情報をお寄せ頂けますようお願い申し上げます。

 

⇒ 迷惑メール通報フォーム

 

「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」の
違反の疑いがあるユーザーにつきましては、
警告とともにアカウントの停止措置をおこないます。

 

警告後、改善の認められなかったユーザーについては
強制退会処分とし、ご利用料金の返金などには 一切応じないものとします。

 

また、悪質なメール配信と判断した場合、利用規約第17条に則り、
警告なく即時での契約解除とする場合があります。 

 

⇒ エキスパ メール配信機能(エキスパートメール)利用規約

 

当社サービスのユーザーにおかれましては今一度、下記「特定電子メールの
送信等に関するガイドライン」をご一読くださいますようお願いいたします。

 

⇒ 「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」(PDF形式)


 

「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」の主なポイント

オプトイン規制:事前承諾なしで送らない

・平成20年の法改正から、原則として広告宣伝メールを送るには、
・受信者の事前承諾が必要です。(法第3条第1項[特定電子メールの送信の制限])

・同意を得ずに広告宣伝メールを送信することは、違法ですので絶対にやめましょう。

 

メール送信者の表示義務

同意を得て広告宣伝メールを送信する場合でも、
送信者には以下の表示が義務づけられています。(法第4条[表示義務])

 

1. メール本文に、送信者などの氏名又は名称

2. メール本文に、受信拒否の通知を受けるための電子メールアドレス又はURL

3. 受信拒否の通知先の直前又は直後に、受信拒否の通知ができる旨

4. 任意の場所に、送信者などの住所

5. 任意の場所に、苦情・問合せなどを受け付ける電話番号・ 電子メールアドレス又はURL

 

送信元アドレスのなりすまし禁止

電子メールアドレス(送信者情報)を偽って送信することは禁止されています。
(法第5条[送信者情報を偽った送信の禁止])
送信元アドレスをなりすましたり、表示しないようにパソコンのソフトで設定して
送った場合も違法となります。

 

その他、当社の利用規約はこちら ⇒ エキスパ利用規約


 

「登録確認メール」機能により、迷惑メール配信を防止しています

エキスパートメールでは、既存の読者リストを代理登録する際に、

「登録確認メール」を配信しています。

 

これにより、第三者の不正登録や、

リストの使い回しによる迷惑メール配信の抑制をおこなっております。