動画をご覧になっていただけましたでしょうか?

もしあなたの大切な人があなたや家族にこんな“言葉“を遺してくれていたらどう感じますか?

心を込めて贈る“言葉のプレゼント”
それがメッセージギフトです。

 

このサービスの導入のきっかけ

あかりテラスでは、相続を円満・円滑に迎え、相続をご家族の絆や縁がより深まるような機会にしたいという想いで、日々多くの方の相続の準備や相続のお手続きに関わらせていただいております。
そして、特に力を入れているのが家族のために遺してあげられる最後のプレゼント、「遺言書」でした。
多くの遺言書作成に関わる中で、遺言を残される方のご家族を想う気持ちに触れ、感動し、「是非、この言葉や想いを相続を受け取る方に聞いてもらいたい」との思いから、出来上がったのがこの「メッセージギフト」でした。
飾らない言葉、本当にその人が思っている事が相続される方の心に響きます。あなたの人生だったからこそ伝えられる“言葉”を大切な家族に伝えてあげてください。
この「メッセージギフト」は亡くなった後にご家族にお届けするものです。

遺言書やこのメッセージギフトは「あなたの考え方や想い」をご家族に伝える事になります。
相続を円満に迎えるには、「あなたの意志をご家族に残す事」が一番の相続の準備です。

親がしっかりと準備をして迎えた家庭の相続人の方々は、皆様、お父さん、お母さんへの感謝を口にしています。

メッセージギフトを遺したい方へ

はじめに
「メッセージギフト」は、決して堅苦しいものではなく、ルールもなく、気楽に、自分の歩んできた人生の思い出を大いにお話ししていただくだけです。昔話、武勇伝、自慢話お聞かせください。終始楽しい雰囲気で撮影します。ご依頼いただく方はいろんなお客様がいます。「ご自身の葬儀場で流すために少し冗談も交えながら、葬儀にきた方へのお礼の言葉を残した方」「口下手なご主人から奥様と子供達へ人生の教訓を伝えた」「病院のベッドの上で子供たちと先立たれた妻へのメッセージ」「経営者から後継者への経営の心得」などなどです。人生の思い出を話してみませんか?

私たちが心を込めてお手伝いいたします。
司法書士・行政書士 宮村 和哉
映像クリエイター 龍野 聖玄
メッセージギフト制作の大まかな流れ
※基本的に「メッセージギフト」はルールがありませんので、動画撮影のプロにどんな希望でもお伝えください。

基本的な流れはこちらです。

【思い出の写真を準備していただきます。】
(写真をみるといろんな思い出が蘇ります。)

例えば、子供の頃の写真、学生時代の写真、社会人として仕事を頑張っていたときの写真、
家族との旅行の写真、趣味の写真、スポーツに打ち込んだ写真、結婚式の写真、
子供のお祝い事の写真など、思い出の写真をまずは準備していただきます。


【質問票にお答えいただきます】
(答えられるところだけで大丈夫です。)

《わたしのこと》
氏名、生年月日、出身、学歴、職歴、家族構成
趣味、特技、思い出の場所、影響を受けた人、得意なこと、
わたしの性格、座右の銘、好きな言葉、生きがい、ライフワーク、

自慢したいこと、大切なもの
大切にしている価値観、信条、哲学
《思い出のこと》

嬉しかったこと、悔しかったこと、悲しかったこと、楽しかったことは?
壁にぶつかったことは?どのように乗り越えてきた?
どんな家族を築いてきましたか?
選んでもらった写真の思い出

家族に伝えたいことは?誰に?どんなことを?
人生の教訓は?
最後に伝えたいことは?


【特に伝えたい部分を決めていきます】
思い出の写真と頂いた質問票をもとに特に話したい部分を決めます。(簡単に。)

【撮影の日程を決めます】
インタビュアー「宮村」とカメラマン「龍野」とお客様の3名で撮影の日程を決めます。

【撮影当日】
撮影に伺います。気楽に楽しんでください。

【納品】
撮影から約1ヶ月で完成いたします。仕上がりを試聴いただき最終確認を行い
ます。
納品はDVD専用の桐箱にお名前を刻印してお渡しいたします。

価格について
【制作費】

熊本市内のお客様 176,000円
※遠方のお客様には、交通費や日当がかかる事があります。
あらかじめお見積もりいたします。

メッセージギフトサンプル動画はこちら

  お問い合わせフォーム
会社概要
社名
司法書士法人・行政書士あかりテラス
代表者
代表司法書士
宮村 和哉
住所
〒861-8035
熊本県熊本市東区御領二丁目28番14号 大森ビル御領 203号
代表TEL
096-285-6841

所在地マップ